ホーム > 2020/04

「すりみ揚げ」自宅でも 上越市の横山蒲鉾店が持ち帰り販売を開始

6か月前

=記事広告=

1897年(明治30年)創業、“横かま”の愛称で親しまれる上越市仲町3の横山蒲鉾店はこのほど、人気商品「すりみ揚げ」の持ち帰り販売を始めた。「毎日のおかずや、お酒のおつまみとして楽しんでいただけたら」と同店では話している。

“横かま”の愛称で親しまれる横山蒲鉾店
店舗外観

すりみ揚げは、魚肉に、海産物や野菜など様々な具材を混ぜて揚げたもの。同店の工場ですべて手作りし、毎朝揚げているという。

これまでは贈答用としてセットで販売してきたが、新型コロナウイルスの影響で外出を控える人も多い中、「コロナに負けず、家でもおつまみなどとして気軽に楽しんでもらえれば」と個別販売を始めた。

手作りの「すりみ揚げ」
9点盛たこ前

商品は、いか生姜、山芋しんじょう、海老と枝豆、ほたて団子、チーズポテトなど約10種。好きなものだけを選んで購入できる。価格は1個200円(税込)から。

営業時間は、午前9時~午後5時。

問い合わせは 0120-140-290。ホームページはこちら

横山蒲鉾店