ホーム > 2020/07

うみがたりのイルカ連続死の原因究明を 上越動物愛護協会が市教委に要望

4週間前

新潟県上越市の市立水族博物館「うみがたり」のシロイルカ2頭が全滅するなど、オープンからわずか2年で6頭のうち4頭のイルカが死んだ問題で、上越動物愛護協会(渡辺隆会長)は2020年7月17日、同市下門前の市教育プラザで同館を所管する上越市教育委員会の早川義裕教育長に原因究明などを求める要望書を提出した。

早川教育長に要望書を提出する渡辺会長(右)
イルカ要望書

同館では、今年5月20日に目玉展示だったシロイルカのリーヤ(メス)が、7月3日には同じシロイルカのソーリャ(メス)が相次いで死んだ。同館にはオープン時からシロイルカ2頭のほかバンドウイルカ4頭がいたが、このうちバンドウイルカ2頭も昨年3月までに病気で死んでいる。開館後約2年で同館にいるイルカは3分の1に減り、バンドウイルカ2頭のみとなった。

渡辺会長は「当協会も大変心を痛めている。適正にやって頂いていると思うが、一度立ち止まってやるべきことをやってほしい」と述べ、早川教育長に原因究明や展示動物の適正な取り扱いを求める要望書を手渡した。

早川教育長は「生き物を飼っている以上、死に直面することは避けられないが、2年で6頭のうち4頭が死ぬということは、誰が考えても何か原因がある。しっかり検証したい」と答えた。市教委による原因究明の検証のほか、指定管理者の横浜八景島も独自の検証を実施するという。

同協会は上越地域の獣医師や動物保護活動グループ、動物愛好者など約550の個人と団体で構成している。渡辺会長は「会員からは相次ぐイルカの死に対しさまざまな意見があり、今回はお願いという形で提出した」と話した。

うみがたりで相次ぐ鯨類の死については、20日に市議会文教経済常任委員協議会が開かれ、市教委がこれまでの経緯や今後の検証方法を説明する。

関連記事

https://cdn.joetsutj.com/articles/34482687 新潟県上越市は2020年5月21日、市立水族博物館「うみがたり」で飼育していたシロイルカ1頭が死んだと発表した。死んだのはメスのリーヤで推定13歳。2018年6月の同館オープンから展示され、愛らしい表情や動きで人々を楽しませる人気者だった。指定管理者の横浜八景島(櫻健太郎館長)に…
https://cdn.joetsutj.com/articles/65662655 昨年6月にオープンした上越市立水族博物館「うみがたり」でバンドウイルカ4頭のうち2頭が死ぬという異例の事態について、同市議会は2019年3月13日、原因の徹底究明とイルカのパフォーマンス実施について慎重を期すよう総務常任委員会の総意として市側に要請した。オープン9か月で4頭中2…
https://cdn.joetsutj.com/articles/71994963 新潟県上越市は2018年7月13日、先月オープンした市立水族博物館「うみがたり」で飼育していたバンドウイルカ1頭が死んだと発表した。死んだバンドウイルカはメスのサシャで、推定年齢8歳。6月26日にオープンした同館で他の3頭とともに豪快なパフォーマンスで来館者を楽しませていた。指定管…
https://cdn.joetsutj.com/articles/45947213 新潟県上越市の新水族博物館「うみがたり」が2018年6月26日、グランドオープンした。海洋生物を中心に約300種4万5000匹の生物を展示し、水面と日本海が一体となった「日本海テラス」や通年飼育のバンドウイルカのパフォーマンス、世界一の飼育数を誇るマゼランペンギン、県内初の飼育展…
https://cdn.joetsutj.com/articles/22862229 新潟県上越市の新水族博物館「うみがたり」が2018年6月26日にグランドオープンするのに先立ち、今日19日に報道関係者などを対象とした内覧会が行われました。上越タウンジャーナルもこれに参加し、初公開される「うみがたり」の内部の様子を写真や動画でお伝えします。…