ホーム > 2021/05

[2021上越市長選] 野澤朗副市長が辞職 さっそく支援市議団準備会に出席

1か月前

10月31日投開票の任期満了に伴う上越市長選挙に立候補する意向を示している同市の野澤朗副市長(63)が5月21日、辞職した。同日朝、村山秀幸市長から退職辞令を受け取った野澤氏は、正午過ぎに職員に見送られ庁舎を後にし、市役所隣の上越文化会館で開かれた支援市議団の設立準備会に出席した。

辞職し新しいステージへ

野澤氏に辞令を手渡した村山市長は「心に決めた新しいステージで活躍し、全力を尽くしてください。長い間ありがとうございました」と激励した。

村山市長から辞令を受け取る野澤氏(右)
DSC_5136

野澤氏は報道陣の取材に対し「市民の皆さんに選んでいただけることを目標に市長という職を意識した活動を始めたい。名前が挙がっている人と比べて知名度が低く、立場はチャレンジャー。遅れを取り戻せるように精力的な活動をしていきたい」と話した。6月上旬にあらためて記者会見して大まかな政策などを発表するとした。

支援市議団の準備会

正午過ぎ、1階ロビーで職員から花束を受け取った野澤氏は「皆さんと一緒に仕事ができて大変幸せでした。自分やご家庭、ご家族を大切して豊かな人生を送り、いい仕事をしてください」とあいさつし、41年間務めた市役所を後にした。

市役所ロビーで花束を受け取り、職員に送られる野澤氏
野澤さん花束

市役所隣の上越文化会館では正午から支援する市議団の設立準備会が用意されており、早速出席した。

支援市議団の準備会は、議長の飯塚義隆市議(代表世話人)、最大会派みらい代表の石田裕一市議、創風の江口修一市議、輝代表の栗田英明市議の4人が世話人となり、全議員に呼びかけた。31人の市議のうち、共産の3人や宮越馨氏らを除く20人が出席した。

支援市議団の準備会に出席する野澤氏(右)
2930

会は非公開で、野澤氏は決意を述べ、支援を要請した。

代表世話人の飯塚市議は取材に対し「野澤さんは人となりや行政手腕などから候補者として適任」と話した。今後は6月上旬の野澤氏の記者会見後、正式に支援市議団を発足させたいとしている。

次期市長選では、現職の村山秀幸氏(72)は立候補しないことを表明。前回村山氏に惜敗した元市議の中川幹太氏(45)のほか、佐渡市の行政書士後藤浩昌氏(60)が立候補を表明している。また、元市長で昨年の市議選でトップ当選した宮越馨氏(79)の動きも注目されている。

{ gads | d1 }

関連記事

https://cdn.joetsutj.com/articles/91512439 上越市副市長の野澤朗氏(63)が任期満了に伴う10月31日投開票の上越市長選挙に立候補する意向を固めたことが複数の関係者の話で分かった。野澤氏は新潟大学教育学部卒で、1980年に上越市役所に入庁。企画地域振興部長、健康福祉部長、市教委の教育長などを務め、2020年4月から副市長。…
https://cdn.joetsutj.com/articles/95270439 10月31日に行われる上越市長選挙への出馬を表明している元同市市議会議員の中川幹太氏(45)が2021年4月18日、上越市西本町1に後援会事務所を開設した。開所式には県議や市議、町内会長ら約30人が出席した。開所式で三本締めをする参加者 後援会長を務める秋山三枝子県議は「(前回の市長選…
https://cdn.joetsutj.com/articles/45036469 上越市選挙管理委員会(渡邉隆雄委員長)は2021年4月7日、任期満了に伴う上越市長選挙の日程を10月24日告示、同31日投開票と決めた。立候補予定者説明会は10月2日に予定されている。3月1日現在の選挙人名簿登録者数は16万215人。現職の村山秀幸市長の任期は11月8日までで、次…
https://cdn.joetsutj.com/articles/97102555 新潟県上越市の村山秀幸市長は2021年3月23日、記者会見を開き、次期市長選に立候補せず11月の任期満了で勇退することをあらためて表明し、3期12年を区切りに勇退を決めた理由などを語った。村山市長は、行財政改革を進めつつ、基礎的行政サービスの提供と将来に必要な投資を行い、合併後の…
https://cdn.joetsutj.com/articles/37150409 新潟県上越市の村山秀幸市長(72)は2021年3月7日、11月の任期満了に伴う市長選に立候補しない意向を明らかにした。上越タウンジャーナルの取材に答えた。村山市長は「合併して15年のうち12年市長を務め、一定の方向性を作ることができた。新型コロナ、データ社会など時代が大きく変…
https://cdn.joetsutj.com/articles/40153709 新潟県佐渡市の行政書士後藤浩昌氏(60)が2021年2月15日、今秋に予定されている任期満了に伴う上越市長選への立候補を表明した。 後藤氏は、「公約は直江津と佐渡の間に自動車と鉄道が通れる橋をかけるの1点」と話した。自宅は佐渡市と東京都内にあり、コロナ禍のため市長選告示…
https://cdn.joetsutj.com/articles/34606118 任期満了に伴う上越市長選は2017年10月22日投開票され、現職の村山秀幸氏(69)が新人で元市議の中川幹太氏(42)を破り、8年ぶりとなった選挙戦を制して3選を果たした。得票は村山氏の5万2609票に対し、中川氏が5万1147票と迫り、その差1462票の薄氷の勝利だった。…