ホーム > 2021/01

大雪で上越市南本町1の家屋が倒壊 上越大通り一時通行止め

2週間前

記録的な大雪にみまわれている新潟県上越市で2021年1月11日深夜、上越大通りに面した南本町1の家屋が倒壊した。倒壊した家の資材が上越通りにはみ出し、一時通行止めとなった。

雪の重みで雁木などが上越大通り側に倒壊した家屋(2021年1月11日午前6時頃撮影)
IMG_2336


IMG_2321

現場は上越大通りの有沢製作所向かいの木造2階建ての家屋。近所の住民によると、2年ほど前から空き家になっていたという。大通りに面した雁木と2階建ての母屋が、雪の重みでつぶれたとみられる。

隣に住む女性は「音もしなかったので、警察から避難するようにと連絡をもらうまで全く気付かなかった。雪が深いので、雪が音を吸収したのかもしれない。うちも雪下ろしをしたいが業者が混んでいて頼めない」と話していた。

同市高田の11日午前7時の積雪は245cm。同市には前日の10日、災害救助法が適用され、陸上自衛隊の災害派遣も行われている。

現場の場所

大雪の関連記事

https://cdn.joetsutj.com/articles/79155789 新潟県上越市高田は2021年1月10日午後1時時点で、積雪244cmを記録し、240cmを超えたのは「3年豪雪」の1986年1月以来35年ぶり。市内の幹線道路は立ち往生が相次ぎ、市道なども通行不能な道が多く、市は11、12日のごみ収集の休止を決めるなど都市機能がまひしている。市…
https://cdn.joetsutj.com/articles/67103730 強い冬型の気圧配置の影響で上越地方は7日午後から8日にかけて雪が降り続き、新潟地方気象台によると8日午後6時時点の積雪は、上越市高田で156cm、安塚は238cm、妙高市関山では161cmを記録。各地で大雪となった。強い冬型は10日頃まで続く見込み。「顕著な大雪」大規模交通障害の…
https://cdn.joetsutj.com/articles/53752691 強い寒気の影響で2021年1月10日頃にかけて暴風雪や大雪が予想され、新潟県教育委員会は1月9日に予定していた直江津など県立中等教育学校6校の入学試験を11日に延期すると発表した。上越市内では小中学校14校が1月8日の休校や授業カットを決めた。上越市は交通機関の運休や停電、通行止めなどの情報を市ホームページで一元的にまとめている。…