ホーム > 2021/07

イルカ連続死対策でプールに日よけを設置 上越市立水族博物館「うみがたり」

4週間前

開館から2年でイルカ4頭が相次ぎ死んだ上越市立水族博物館「うみがたり」で、屋上に位置するイルカプールの上部に日よけを設置する工事が進められている。イルカ死亡の要因として、専門家による検証委員会がプールに直射日光が当たることなどを挙げたため、対策を講じた。

イルカプールの上部に設置された開閉式の日よけ。7月15日に工事が完了する予定(2021年7月8日)
20210708-DSC_6915

2018年にオープンした同館では、19年にバンドウイルカ2頭、20年にシロイルカ2頭が死んだ。現在飼育するイルカはバンドウイルカ2頭のみとなっている。

連続死の原因究明のため同市教育委員会が設置した検証委員会は、今年2月に検証結果を公表。元々太平洋側の横浜市で飼育されていたイルカが、上部に屋根や壁のない同館の飼育プールで夏の暑さや直射日光、冬の寒さや強風をまともに受け、気候の違いに対応できずに死んだ可能性を指摘。日よけや防風壁の設置を提言した。

これを受け、5月から日よけの設置工事を開始。イルカプール上部の大ひさしの開口部に、幅約5mを覆う長さ約13mのポリエステル製シェードを設置した。これにより開口部の約半分がシェードとステージで覆われ、直射日光を防ぐ。取り付けの都合でシェードは2列に分かれ、手動で開閉する。

設置工事は今月15日に完了し、16日から日射しが強いときなどに使用する予定。かつてシロイルカが展示されていたふれんどプールの上部にも同様の日よけを9〜10月に設置する。両プールの日除け設置工事費は計約2640万円。また、冬前にはイルカプールの北側に防風壁を設置するという。

市教委の新部彰教育総務課長は「(検証委からは)建築上の対策のほか飼育面での提言もあるので、そこも対策しながらイルカの飼育上の安全を向上させたい」と話した。

20210708イルカプールに日除け設置2

関連記事

https://cdn.joetsutj.com/articles/16818583 新潟県上越市の市立水族博物館「うみがたり」のイルカがオープンから2年で4頭が死んだ問題で2021年2月10日、同市教育委員会が設置した第三者の専門家による検証委員会(委員長、吉岡基三重大学大学院教授)の検証結果が公表された。イルカは日本海の眺望を重視した屋外プールで飼育され、もともと飼育されていた太平洋側の横浜市との気候の違いに適応できず、死に至った可能性があるとされた。…