ホーム > 2021/09

上越市のアイエムタクシーが墓参り代行 コロナ禍の帰省自粛や高齢化受け

2週間前

新潟県上越市大和6のアイエムタクシー(牧野章一社長)は2021年8月から、墓参りの代行サービスを始めた。コロナ禍による帰省の自粛や高齢などで墓参りができない人の利用を見込んでおり、1人での墓参りが不安な高齢者などにはタクシー乗務員が随行するサービスもある。

墓参り代行は、依頼主に代わって乗務員が墓石や墓周りの簡単な清掃をし、墓参りをする。事前に墓の場所や状態を下見してから見積りを作成し、実施後は作業前後と作業中の写真を添えた報告書を依頼主に送付する。料金は1kmまで600円、以後1km当たり約400円の距離制運賃に5000円を加える。

墓の掃除をするアイエムタクシーの乗務員
墓参り代行①

随行サービスは依頼主の自宅と墓地を往復送迎するほか、乗務員が依頼主と一緒に簡単な清掃や墓参りをする。車の運転が不安な人や、水おけなどの荷物を抱えての墓参りが困難な高齢者などを想定している。料金は自宅と墓地の往復タクシー運賃に3000円を加える。代行、随行ともに1000円を追加すると、同社が花と線香を用意し供える。

同市大貫の墓地で9月7日、業務の手順を確認する研修会が開かれた。墓参り代行担当の乗務員で、同市木島の浄念寺の住職を務める高橋知如さん(49)が講師となって、墓掃除の手順や墓参りの作法などを指導。乗務員らは墓石の土台の隙間に生えた雑草を取って墓石を拭いたり、花や水を取り換え線香を手向けたりした。

住職の高橋さん(左)の指導で花を供える乗務員
DSC_9123

高橋さんは「墓石の掃除は上から」「合掌は胸の前で手の角度は斜め45度で」などとアドバイスした。また通常は1人で業務を行うため、三脚やセルフタイマーを使ってスマートフォンで作業中の写真を撮る方法も確認した。

乗務員の田中悦子さん(60)は、8月13日に市内の高齢男性に随行した。「当日は大雨だったが、大変喜んでいただけた。研修はとてもためになり、心を込めて提供できると思う」と話した。男性は運転免許を返納したため、県外に住む娘からの依頼だったという。

依頼主に提出する写真の撮り方も確認した
墓参り代行2

坂原悟専務(62)は「コロナ禍や高齢で思うようにお墓参りができない現状があり、地元の我々が代わりにとサービスを立ち上げた。住職を務める社員の手ほどきを受けた乗務員が、単なる墓掃除ではない心を込めたお墓参りを提供していく」と話した。

問い合わせは同社025-523-3188

▽アイエムタクシー http://www.imtaxi.com/taxi/gravevisit/