ホーム > 2020/11

無印良品直江津がグッドデザイン賞 まちづくり拠点として期待

2か月前

新潟県上越市西本町3の直江津ショッピングセンター2階に7月にオープンした「無印良品 直江津」が、本年度のグッドデザイン賞を受賞した。直江津地区の朝市への出店など、地域活性化に向けた取り組みが評価された。

今年7月20日にオープンした「無印良品 直江津」
20201110無印がグッドデザイン賞1

グッドデザイン賞(公益財団法人日本デザイン振興会運営)は、1957年に通産省(当時)が創設した、日本で唯一の総合的なデザイン評価・推奨の仕組み。製品や建築のほかシステムやサービスなど、有形無形にかかわらず贈られる。本年度は4769件の審査対象のうち1395件が受賞した。

審査は応募カテゴリーごとに行われ、同店は「地域・コミュニティづくり」のカテゴリーに応募。6〜7月に1次審査、7〜9月に2次審査が行われた。店舗を運営する良品計画(東京都)は、同店が地域の“くらしの真ん中”になることを目指し、買い物だけでなく学びや遊び、発見の場を設けたことや、上越市などと包括連携協定を結んだこと、開店前からフィールドワークを実践して三・八の市に出店したことなどをアピール。

直江津の三・八の市に出店(2020年5月13日撮影)
20201110無印がグッドデザイン賞2

審査委員は「短期での売り上げ実績が全国2位と聞いて大変驚いた。その大きな理由は地域住民とのワークショップを経たからだという。点が線を結び、やがて面へと変わっていく様に、今後は上越市全体のエリアリノベーションを担う拠点への成長を期待したい」と評価した。

同社ソーシャルグッド事業部スペースグッド担当部長の河村玲さん(43)は受賞を受け、「ここからさらに市民の皆さんや行政と一緒に、地域活性化に尽力していきたい」と話したほか、10月31日と11月1日に開催した防災イベントに地元住民を中心に約2000人の来場があったことに触れ、「(オープンからの)3か月の大きな成果。地域のお店にも出店してもらい、良い連携ができつつある」と手応えを語った。

同社は本年度、防災セットがグッドフォーカス賞に選ばれるなど、同店のほか3件で受賞を果たした。

関連記事

https://cdn.joetsutj.com/articles/60366866 新潟県上越市西本町3の直江津ショッピングセンター2階に新店舗を今夏オープン予定の無印良品は2020年5月から、同市中央2、3の朝市「三・八の市」に出店している。3回目の出店となった5月13日、菓子やレトルトカレー、飲料など12種類の商品を販売し、朝市の常連客や親子連れらが次々に足…
https://cdn.joetsutj.com/articles/81384276 新潟県上越市西本町4の海浜公園と直江津屋台会館を会場に2020年10月31日と11月1日の2日間、アウトドア用品を使った災害への備えや避難所体験などを行う防災イベントが開かれている。「無印良品 直江津」(西本町3)を運営する良品計画と頸城自動車の共催。キッチンカーやテントでの軽食販売もある。時間は両日とも午前11時〜午後4時。…