ホーム > 2020/09

県外の親族や友人に披露宴ライブ配信 上越市のシェ・トヤで“オンラインウェディング”

2週間前

新型コロナウイルスの影響で、やむを得ずに結婚式や披露宴の中止、延期が相次ぐ中、新潟県上越市藤野新田の結婚式場「シェ・トヤ」で2020年9月6日、「オンラインウェディング」が行われた。新郎新婦らがいる会場と、県外に住む親族や友人らをインターネットのビデオ通話などでつなぎ、会場の様子をライブ配信した。

カメラマン(手前)が撮影する映像がライブ配信された
4


2

この日、親族や友人に見守られて晴れの日を迎えたのは上越市に住む会社員、濵川孝人さん(24)、美容師、ひろみさん(24)夫妻。会場には2人の息子、蓮人ちゃん(3)、晴人ちゃん(2)をはじめ、県内在住の家族、親族、友人など、約30人が出席したほか、新型コロナ感染拡大から県をまたぐ移動を控えた県外在住の親族、友人らはインターネットのウェブ会議システム「Zoomズーム」で2人の晴れの姿をリアルタイムで見守った。

濵川夫妻は新型コロナの影響で挙式、披露宴を今年に入って2度延期しており、ようやくこの日を迎えることができたという。メディアなどで「オンラインウェディング」を知り、同式場に相談。式場としても今回初の試みとなった。

会場ではバックヤードで専属スタッフが会場に設置された定点カメラと、カメラマンが撮影する映像を切り替えながら入場シーンやケーキ入刀といった2人の様子、会場の雰囲気を中継。新郎新婦それぞれの姉や友人など、6人ほどがパソコンやスマートフォン、タブレットで披露宴の様子を鑑賞したほか、会場に設置されたスクリーン越しで新郎新婦にサプライズで祝いの言葉を贈る場面もあった。

妻ひろみさんの姉(32)は東京に住んでおり、Zoomのほか、兄家族と無料通話アプリ「LINE」のビデオ通話もつなぎながら会話も楽しんだ。姉は「本当は出席したかったが、東京からだと周囲を心配させてしまう。出席は諦めていたが、今回このような形で参加することができ、本当にうれしかった。妹が奇麗で素晴らしい式」と喜んだ。

子供たちはビデオ通話で会話も楽しんだ
5

濵川夫妻は「オンラインでも(姉や友人が)身近に感じられた。サプライズのメッセージもうれしかったし、本当にやってよかった」と話していた。

「オンラインでも身近に感じられた」と話した濵川夫妻
1

同式場は「(オンラインウェディングを)検討している方は、気軽に相談していただきたい」としている。