ホーム > 2019/04

細長い敷地を使った奥行きある二世帯住宅 4月13、14日に上越市板倉区で完成見学会

2週間前

=記事広告=

細長い敷地を生かした奥行きのある二世帯住宅の完成見学会が、2019年4月13日(土)、14日(日)に新潟県上越市板倉区針地内で開かれる。設計施工は、100年以上の歴史を持ち国産材を使った家造りを行っている上越市吉川区の布施材木店

細長い土地に建てられた住宅の外観
外観

公開されるのは、敷地間口約5.3m、奥行き21mという細長い敷地を最大限に生かした二世帯住宅。各世帯用に風呂、キッチン、洗面、トイレを設けており、それぞれのプライベートや生活リズムも大切にした。

たっぷりと日が差し込むリビングダイニング。造作家具も見どころ
メインリビング

奥行きが長いため、窓は位置を工夫しながら大きく取り、各部屋が明るく、ゆったり広く見えるように設計。1階は階段下を収納として、2階は小屋裏を収納やロフトとして活用している。

大容量の収納がある玄関(左)と小屋裏を使った2階のロフト
玄関_ロフト2

火災など万が一の場合の避難経路も兼ねて2か所に階段を設置し、安全にも配慮。きれいな空気を生み出す換気システムや床下から温める全室暖房など、住む人に優しい空調システムも採用した。

2階の子供部屋。棚も職人が手作りしている
造作家具

次世代まで継承し長く住むことを目的としたこの家は、耐震性や省エネルギー、バリアフリーなど、国土交通省が定める基準をクリアした「長期優良住宅」でもある。材木店の目で選んだ良質な国産材など自然素材をふんだんに使い、環境や家族の健康に配慮している。

開催時間は午前10時〜午後5時。フリーダイヤル 0120-940-722

見学会会場(上越市板倉区針)