ホーム > 2021/01

走行不能路線は100%解消へ 上越市 今後は通学路や拡幅除雪

1か月前

新潟県上越市は2020年1月19日、雪でふさがれ車が走れない走行不能路線が同日中にすべて解消する見通しだと明らかにした。

合併前上越市には団地内などの狭い生活道路が2705路線あり、このうち2239路線が走行不能となった。18日正午時点で91%が解消していた。19日も除雪作業が進められ、田んぼの中など生活に支障のない2路線を除いて、全路線が同日中に開通する見通しとなった。

今後は、通学路の歩道の確保を第一に、幹線道路などの拡幅除雪、生活道路の拡幅、通学路以外の歩道除雪に取り組み、これまで走行不能路線の除雪を担当していた業者を充てるとしている。