ホーム > 2020/07

ナチュラル×ビンテージスタイルのモデルハウス 7月11、12日に上越市下吉野で予約制見学会

1か月前

=記事広告=

グッドデザイン賞も受賞した、ヒノキを使った日本古来の真壁(しんかべ)造りの家を手がけるサイエンスホーム。新潟県上越市上千原の新潟上越店(カネコ木材建設)は、2020年7月11、12の2日間、新潟県上越市下吉野でモデルハウス完成見学会を開く。完全予約制。

公開されるモデルハウス
IMG_1932

サイエンスホームは、殺菌、防虫、リラックス効果があるという国産ヒノキをふんだんに使い、柱や梁を表面に出す真壁造りを基本としている。2015年にはグッドデザイン賞を受賞するなど、デザイン性の高さも魅力の一つだ。

木材をふんだんに使った室内
IMG_1915

公開されるモデルハウスは、アウトドア好きな家族が自宅でも自然を楽しめるような暮らしをイメージしてプランニングした。

室内は木材をふんだんに使っており、24cm角の大黒柱が存在感を見せている。自然素材で調湿性があるため、梅雨時でも快適に過ごせるという。

24cm角の大黒柱(右)が支える真壁造りの家
IMG_1920

リビング外には、5m×1.2mと広めのウッドテラスを設置。また2階には約7畳のインナーバルコニーを設け、天候に左右されず、椅子を置いて山々などの風景を眺められるようにした。

2階のインナーバルコニー
IMG_1921

そのほか、大工職人が手作りした食器棚や、壁に窪みを作って設置した小物棚など、スペースの生かし方も見どころになっている。

予約来場した人には特典として、デニムバッグをプレゼント。また、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、見学は完全予約制。マスクの着用が必要となる。

予約来場特典のデニムバッグ
IMG_0418

来場予約はこちら。なお、7月13〜22日の間の平日も予約があれば見学できる。

時間は午前10時〜午後5時。

電話 0120-17-6931