ホーム > 2021/07

11歳児にワクチン誤接種 上越市2医療機関で3人に

2か月前

新潟県上越市は2021年7月28日、12歳以上に接種可能とされている新型コロナウイルスワクチンを11歳の男児1人と女児2人に2医療機関で接種していたと発表した。

同市では12歳の誕生日の前月に接種券を発送している。医療機関で誕生日を迎えていないことに気付かず3人に接種した。3人とも体調に変化はないという。市は保護者に謝罪した。

市は個別接種を依頼している29の医療機関に文書で年齢確認の徹底を求めたほか、再発防止策として2009年9月以降生まれの児童について、12歳の誕生日後に接種券を郵送することにした。