ホーム > 2020/07

初のお姫様「綾姫」が加入 越後上越上杉おもてなし武将隊に新メンバー

8か月前

新潟県上越市の「越後上越上杉おもてなし武将隊」に新メンバーが加入した。新加入したのは同武将隊初の“姫”となる「綾姫」。2020年7月18日、春日山神社で大勢集まったファンに初お披露目された。

新メンバーとしてお披露目された「綾姫」
1

綾姫の加入で5人となった越後上越上杉おもてなし武将隊
4

綾姫は上杉謙信の異母姉、上杉景勝の母に当たる。綾姫の加入で武将隊は上杉謙信、上杉景勝、女武者まつえ、足軽組頭十吾郎の5人となった。

新メンバー初披露となったこの日、春日山神社境内にはカメラを持った多くのファンが訪れ、新メンバー登場の時を待った。美しい着物姿で綾姫役が現れると、ファンらは一斉に写真撮影。綾姫役はファンを前にスイーツ好きをアピールし、「これからたくさんの人たちにおもてなしをしていけたら」と笑顔を浮かべた。上杉謙信役は「綾姫様を応援してやってくれ。頼んだぞ」とファンに呼び掛けた。

綾姫役は上杉謙信役らとともに扇子や刀を使った演武を披露。小柄でかわいらしい印象の姫とは一味違った迫力の姿に、ファンから大きな拍手が送られた。

刀を使った迫力の演武
2

阿賀野市から夫と訪れた50代の女性は同武将隊結成当初からのファン。この日の新メンバー発表を楽しみにしており、「とてもかわいいお姫様でした。今まではかっこいいイメージでしたが、姫が入ったことで今までと印象が変わるのでは。これからも応援します」と話した。

「エイエイオー」とファンらと勝どき
3

演武終了後、綾姫役は「武将隊初の姫で皆さんからどう思われるか不安でしたが、温かく迎えていただきうれしかった。スイーツなどの甘味、伝統のバテンレース、可愛らしい小物など、女性ならではの視点で発信していけたら」と語った。