ホーム > 2020/11

厚さ6cmの外壁を持つ平屋の家 上越市大潟区で12月5、6日に見学会 積水ハウス

2か月前

=記事広告=

厚さ約6cmの「ダインコンクリート」外壁で包まれた、積水ハウスの「平屋の住まい」の完成実例見学会が、2020年12月5、6日に開かれる。会場は新潟県上越市大潟区下小船津浜で、フリー見学会となっている(予約も可)。

公開されるのは、延べ床面積約31坪、3LDKの平屋の家。平屋ながら、リビングダイニングは約20畳と広く取ったほか、リビング窓は合計幅7.5mの大開口サッシになっており、開放感たっぷり。窓外の軒下は最大2mと長くせり出しており、日差しや雨・雪を遮りやすくしている。

大開口サッシで開放的なリビング(イメージパース)
パース

共働きの家族の家事負担を減らすため、キッチン、洗面、浴室、洗濯物用のクローゼットを隣接するように配置。水回りを回遊できるようにすることで、効率よく動けるよう工夫している。

建物の躯体は30年保証で、外壁には同社が開発した色あせしない厚さ約6cmの「ダインコンクリート」を採用。将来的なメンテナンスがほぼ不要なほか、断熱性、防音性、耐火性に優れ、万一の火災でも被害を最小限に抑えられる。

公開される「平屋の住まい」
IMG_4194

屋根のソーラーパネルと家庭用燃料電池で発電も行っており、停電などの災害時も自家発電が可能。また創エネ・省エネ・断熱を組み合わせて、家のエネルギー収支のプラスマイナスゼロを目指す「ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)」仕様にもなっており、家計にも優しい。

「平屋でも高い収納力と実用性を実現した住まいをぜひご覧ください」と同社。フリー見学会だが、予約をした人にはスウェーデンのブランド「KLIPPAN」のランチバッグをプレゼントする。予約はこちら

なお、両日は会場近くにある2階建て2世帯住宅の見学もできる。

問い合わせは積水ハウス長岡II店(長岡市)、電話 0258-28-7001(火・水曜定休)。

見学会会場(上越市大潟区下小船津浜)