ホーム > 2020/12

ビルトインガレージのある家 「はれまち土橋」で12月18、19日に見学会 ミサワホーム

3か月前

=記事広告=

「家族も自分も大切にする家」をテーマとした、ビルトインガレージがあり、年齢を重ねても快適に暮らせるよう設計デザインした家の見学会が、2020年12月19、20日に新潟県上越市土橋の「はれまち土橋」で開催される。ミサワホームの家で、見学は完全予約制。

家づくりは、多くが20〜30代で始めるため、その時の好みや状況に合わせた設計・デザインとなることが多い。だが、50〜60代になって、今の家が体に負担がかかるようになったなど、当初の設計が住みにくさになることもある。

公開される家の外観(イメージパース)
P6

今回公開される家は、木造2階建て、延べ床面積約132平方m(約40坪)の4LDK。どの年齢になっても暮らしやすいことを意識した設計になっている。

30代は子育てを中心に考え、1階に18.5畳のリビングダイニング、水回りと、洋間も1室配置。家族が近くにいながら、1フロアで生活ができるようにした。

リビングは、木のはりが露出する、同社では珍しいという「現し梁」にして天井にアクセントを与えた。また太陽光が入りやすい高天井・高窓にし、隣家が近い分譲地ならではの仕様となっている。

高天井・高窓で太陽光を取り込むリビング(イメージパース)
P4

子育てが落ち着く40〜50代を考え、3室の書斎スペースを配置して家族それぞれが自分の時間を楽しめるようにしたほか、子供が家族を持った際の里帰りスペースとすることも想定。ビルトインガレージにもしており、車に積もった雪落としや雪かきの手間も少なくできるようにするなど、体力が落ちても快適に住み続けられるようにしている。

扉で調節しながら太陽光を取り込むことができる寝室(イメージパース)
P2

同社の家は、家全体を面で覆ったモノコック構造と制震装置を採用しているため、耐久性が高いのが特徴。「ミサワホームは、長期にわたってお客様と住まいを大切にしています。この住まいをぜひご覧ください」と同社では話している。

公開時間は、午前10時〜午後5時で、マスクと手袋(同社で用意)を着用しての見学となる。

Web予約はこちら(完全予約制)。

また同社では、新築住宅購入にあたって最大50万円が割引される、スタンプラリーも実施中。詳しくはこちら

問い合わせは主催のミサワホーム北越。電話 025-545-3305

見学会会場(上越市・はれまち土橋)