ホーム > 2020/12

上越市職員かたる特殊詐欺 60代女性が100万円被害

3か月前

上越警察署は22日、上越市役所職員をかたる特殊詐欺で、市内の60代女性が約100万円をだまし取られたと発表した。同署が被害届を受理し捜査している。

発表によると、同日午前11時頃、女性宅に市役所の「年金保険課」の職員を名乗る男から「累積年金保険の払い戻しがある」「年金取引の銀行を教えてほしい」などと電話があった。女性が銀行名を伝えると、この銀行の職員を名乗る男から電話があり、手続きのため近くのコンビニエンスストアの現金自動預払機(ATM)に行くよう指示された。ATMで告げられた番号に電話し、応答した男に言われるがままに操作しているうちに現金約100万円を振り込んだ。女性は利用明細を見て被害に気付き、警察に届け出た。

市内には同様の電話が複数確認されており、同署や市では注意を呼び掛けている。